引用や読んだ論文

1、かゆみの動物実験(日薬理誌,2007,386~392)

「かゆみ」を引き起こす物質を注射したらどうなる?で引用

2、「アトピー性皮膚炎の痒みスイッチ「EPAS1」タンパク質発見」

「肌荒れが」先か「かゆみ」が先か?で引用

3、What makes us scratch an itch? Scientists finally have the answer

触れたら「かゆみ」を生じるならどうして服を着てもかゆくないのか?で引用

4、Medical News Today What's to know about itchy skin at night? Last reviewed Wed 13 September 2017

夜間にかゆくなる理由にて引用

5、Journal of the American Academy of Dermatology 1995 Feb;32(2 Pt 1):212-7.

London-born black Caribbean children are at increased risk of atopic dermatitis.

ロンドン生まれの黒人と白人のアトピー有病率を比較するレポートを読んでにて引用

アトピーは食の欧米化で悪化したのなら、欧米の方がアトピーは多い?にて引用

6、Indian Journal of Dermatology 2018 Jan-Feb; 63(1): 2–15

Consensus Statement for the Diagnosis and Treatment of Urticaria: A 2017 Update

「じんましん」の平均的な期間は1年~5年!!インドのじんましんレポートを読んでにて引用

7、Pulm Pharmacol Ther. 2015 Dec; 35: 81–86.

Neuroimmune interactions in itch: Do chronic itch, chronic pain, and chronic cough share similar mechanisms? 

「かゆみ」は「痛み」で抑えられるけど、「痛み」は「かゆみ」で抑えられないにて引用

8、International Journal of Dermatology First published: 14 August 2015

How stress triggers itch: a preliminary study of the mechanism of stress‐induced pruritus using fMRI 

「かゆみ」がある人にストレスをかけたら、脳のどの部分が反応するかにて引用

9、地球環境研究,Vol.10(2008)

皮膚に及ぼす気象要素の影響-夏季・秋季について-

本当に肌は季節との関係はあるのか?にて引用

10、Am J Respir Crit Care Med. 2001 Nov 1;164(9):1660-4

Increased risk of allergy associated with the use of kerosene fuel in the home.

エチオピアでは薪から灯油に変えたらアレルギー性皮膚炎が増えた?にて引用

11、厚労省 アレルギー疾患の現状等

エチオピアでは薪から灯油に変えたらアレルギー性皮膚炎が増えた?にて引用

アトピーは食の欧米化で悪化したのなら、欧米の方がアトピーは多い?にて引用

12、石油情報センター 平成18年度灯油消費実態調査

エチオピアでは薪から灯油に変えたらアレルギー性皮膚炎が増えた?にて参考

13、Japanese Society of Psychosomatic Medicine 自覚症状と他覚所見の解離

アトピー性皮膚炎の方がどのタイミングで「かゆみ」を感じるかを記録したにて引用

14、An Expert Position Paper from the Special Interest Group on Sensitive Skin of the International Forum for the Study of Itch Definition of Sensitive Skin

敏感肌の定義を、敏感肌の人たちと話し合って決めましたにて引用

15、Exp Dermatol. 2013 Mar; 22(3): 210–215.

Topical Apigenin Improves Epidermal Permeability Barrier Homeostasis in Normal Murine Skin by Divergent Mechanisms

漢方薬【菊】はお肌どんな効果があるのかデータをとってみたにて引用

16、Allergy. 2011 Mar;66(3):317-30

Unmet clinical needs in chronic spontaneous urticaria. A GA²LEN task force report.

「かゆみ」の治療薬、全員に効くというものはないということを証明したにて引用

17、Int Arch Allergy Immunol. 2016;169(4):263-6

Seasonal Exacerbation of Asthma Is Frequently Associated with Recurrent Episodes of Acute Urticaria.

「季節性喘息」と「蕁麻疹(じんましん)」の意外な関係からわかることにて引用

18、Pflugers Arch. Author manuscript; available in PMC 2014 Dec 1.

New insights into the mechanisms of itch: are pain and itch controlled by distinct mechanisms?

虫刺されなどの「急性かゆみ」とアトピーなどの「慢性かゆみ」の違いにて引用

19、Life Sci. 2014 Jan 14;94(1):54-7.

Sex-related differences in SLIGRL-induced pruritus in mice.

「かゆみ」は男性がなりやすい?女性がなりやすい?にて引用

20、皮脂量と男性の肌

「かゆみ」は男性がなりやすい?女性がなりやすい?にて引用

21、J Pharmacol Exp Ther。2009 Jun; 329

Scratching Behavior and Fos Expression in Superficial Dorsal Horn Elicited by Protease-Activated Receptor Agonists and Other Itch Mediators in Mice

そもそもどうして「かゆみ」はつらいのか?にて引用

22、Dermatol Ther. 2013 Mar-Apr; 26(2)

Understanding the pathophysiology of itch

「かゆみ」の原因は大きく分けて4つのパターンがあるにて引用

23、Int J Cosmet Sci. 2013 Feb;35(1)

Sensitive skin: an overview.

敏感肌について難しく説明してみたにて引用

24、Int J Cosmet Sci. 2005 Feb;27(1)

Sensitive skin: mechanisms and diagnosis.

敏感肌について難しく説明してみたにて引用

25、Japanese Society of Allergology January 2017Volume 66, Issue 1, Pages 31–35

Spinal dorsal horn astrocytes: New players in chronic itch

「かゆみ」のメカニズムを難しく説明してみましたにて引用

26、Clin Dermatol. 2013 Jan-Feb; 31(1): 31–40.

Psychosomatic factors in pruritus

「かゆみ」はストレス発散としてかいてしまう?にて引用

27、The conversation November 2, 2015 4.51pm AEDT

What makes us scratch an itch? Scientists finally have the answer

このコラムを書くのに英語を読むよりきついものにて引用

28、Pediatr Dermatol. 2010 Nov-Dec;27(6)

The impact of childhood atopic dermatitis on the patients' family.

「かゆみ」が起こす家族の負担、見てて辛そうだけじゃないにて引用

29、Acta Derm Venereol. 2015 Sep;95(7)

Ultra-pure soft water ameliorates atopic skin disease by preventing metallic soap deposition in NC/Tnd mice and reduces skin dryness in humans.

「かゆみ」のために水や石けんまで気にしないといけないの?にて引用

30、Vet Dermatol. 2010 Oct;21(5)

Pilot evaluation of the efficacy of shampoo treatment with ultrapure soft water for canine pruritus.

「かゆみ」のために水や石けんまで気にしないといけないの?で参考

31、Exp Dermatol. Author manuscript; available in PMC 2015 Aug 25.

A topical Chinese herbal mixture improves epidermal permeability barrier function in normal murine skin

漢方薬は「かゆみ」や「お肌」効果があるのか?にて引用

32、Curr Allergy Asthma Rep. 2012 Apr; 12(2)

Rise of the Sensors: Nociception and Pruritus

「かゆみ」が起きたら「くしゃみ」も起きる?にて引用

33、The Japanese Society of Allergology

心理状態の変化に伴って皮疹の著しい変化をみたアトピー性皮膚炎患者の1例

【かゆみ治療】好きなスポーツは「かゆみ」に効果的という報告にて引用

34、厚生労働省

アレルギー疾患の現状

アトピー性皮膚炎の方が寝られないことで起こっている経済損失は1兆円?にて引用

【かゆみの経済学】「かゆみ」がなくなるとデートが増える。そのデートが増える経済効果は1920億円?にて引用

35、アメリカシンクタンク ランド社

Why sleep matters — the economic costs of insufficient sleep

アトピー性皮膚炎の方が寝られないことで起こっている経済損失は1兆円?にて引用

36、東京女子医科大学皮膚科 有川順子 

アトピー性皮膚炎患者のQOLと化粧品 ─化粧によるメンタルケアを含めて─

アトピーの方の化粧品の選び方から学ぶ自分に合ったものを探す力にて引用

「かゆみ」治療とスーパーで売っている黒毛和牛は同じ効果を持っている?にて引用

37、株式会社ネクスト 2011 年 2 月 18 日

働くアトピー性皮膚炎有症者女性の 90.6%が「無意識に患部を傷つける何らかの行動をとっている」と回答

-20 代、30 代働く女性のアトピー性皮膚炎に関する悩みレポート- 

【かゆみの経済学】「かゆみ」がなくなるとデートが増える。そのデートが増える経済効果は1920億円?にて参考

38、平 成 27 年 国 勢 調 査

【かゆみの経済学】「かゆみ」がなくなるとデートが増える。そのデートが増える経済効果は1920億円?にて参考

39、Br J Dermatol. 2011 Jun; 164(6)

Contagious Itch in Humans. A Study of Visual “Transmission” of Itch in Atopic Dermatitis and Healthy Subjects

「かゆみ」は見るとかきたくなり、見ると治まる不思議な感覚にて引用

40、Behavioural and Cognitive Psychotherapy

THE EFFECTS OF RELAXATION WITH AND WITHOUT IMAGERY IN REDUCING ANXIETY AND ITCHY SKIN IN PATIENTS WITH ECZEMA

「かゆみ」は見るとかきたくなり、見ると治まる不思議な感覚にて引用

41、J Am Acad Dermatol. 1989 Sep;21(3 Pt 1)

Pruritus associated with nocturnal wakenings: organic or psychogenic?

「かゆみ」で寝れないのはやっぱりつらくて悪化するにて引用

42、Int J Mol Sci. 2016 Mar; 17(3)

Nocturnal Pruritus: The Battle for a Peaceful Night’s Sleep

「かゆみ」で寝れないのはやっぱりつらくて悪化するにて引用

43、Cortex. 2015 Sep;70:79-89

Distinct neural networks underlying empathy for pleasant and unpleasant touch.

いい共感で「かゆみ」を抑えることができるのか?にて引用

44、今年のノーベル経済学賞「行動経済学」は何が凄いのか

【かゆみの行動経済学】人間は知っているものが一番って思ってしまうで参考

45、Biomed Res Int. 2017

Do Tonic Itch and Pain Stimuli Draw Attention towards Their Location?

「かゆみ」や「痛み」はその場所が気になって作業に支障が出る?にて引用

46、Neuroimage. 2010 Jun;51(2)

Love hurts: an fMRI study.

愛は痛い!!にて引用

47、Pain. 2005 Jan;113(1-2)

Electrically evoked itch in humans.

「かゆみ」物質ヒスタミンを越えるのはわずかな電気ショックにて引用

48、J Clin Aesthet Dermatol. 2009 Jul; 2(7)

Pruritus An Updated Look at an Old Problem

「かゆみ」治療が難しいのは人それぞれだからにて引用

49、BMJ Open. 2018; 8(3)

Association of allergic diseases with children’s life satisfaction: population-based study in Finland

幼少期にはペットよりも運動のほうが幸福度が高いにて引用

50、Clin Dermatol. Author manuscript; available in PMC 2013 Jun 24.

Psychosomatic factors in pruritus

ジムチョーのような性格だと突発的にかゆみが出る?にて引用

51、Brain’s Reward Circuits Mediate Itch Relief. A Functional MRI Study of Active Scratching

脳がかくのは楽しいと反応するから子どもを我慢させるのは大変にて引用

52、Br J Dermatol. 2017 Sep; 177(3)

Systematic review of self‐management interventions for people with eczema

やる身になれ!!研究者は難しいことが多すぎるという斬新なレポート

53、The Japanese Journal of Animal Psychology, 66, 1, 47-51 (2016)

ヒトにおける身体化された母子関係の発達

100本以上の論文を読んでわかったこと。脳が反応してるからなに?にて引用

54、環境省:黄砂ってなに?

ここ最近のアレルギー性皮膚炎の最大の原因、黄砂について調べてみましたにて引用

55、Pain Res Manag. 2009 Jul-Aug; 14(4): 283–286.

Effects of virtual reality immersion and audiovisual distraction techniques for patients with pruritus

VRをゲームとして使ってるが、使いようによっては可能性があるにて引用

56、スポーツ運動の心理的効果について~精神医学の立場から~

三日坊主のススメ。好きなことをやめるには、好きなことを探してみるにて引用

57、Pain. 1997 May;71(1):49-55.

Cutaneous field stimulation (CFS): a new powerful method to combat itch.

「かゆみ」が起きる電気刺激で抑えられる?にて引用

58、サピエンス全史

かゆいところをかいたら、肌が荒れるってわかっていてもかいてしまうのはどうして?にて参考

59、母子関係に関する文献レビュー ―身体接触が及ぼす効果―

「かゆみ」に抱きつきは効果的だが、リミットがある!!にて引用

60、アレルギー性皮膚炎はアレルギー疾患か?

ど本丸!!アトピーはアレルギーなのか?にて参考

アトピーは食の欧米化で悪化したのなら、欧米の方がアトピーは多い?にて引用

61、アトピー性皮膚炎と皮膚感覚受容器

ど本丸!!アトピーはアレルギーなのか?にて参考

62、Exacerbating factors of itch in atopic dermatitis

湿疹を引っかくと悪化する。引っかくと神経が過敏になってまたかゆくなる。

63、Prevalence and Risk Factors of Urticaria With a Focus on Chronic Urticaria in Children

どうしてお風呂に入ると「かゆみ」に襲われるの?にて引用

64、Home Remodeling and Food Allergy Interact Synergistically to Increase the Risk of Atopic Dermatitis

かゆみの原因は空気も関係あった。そこまで気にしないといけないの?にて引用

65、Improvement of Atopic Dermatitis Severity after Reducing Indoor Air Pollutants

かゆみの原因は空気も関係あった。そこまで気にしないといけないの?にて引用

66、Psycho dermatology: the mind and skin connection.

皮膚が良くなると心にもいいのは有名ですが、なかなか実践するのは難しいにて引用

67、The need of dermatologists, psychiatrists and psychologists joint care in psychodermatology

ジェットコースターでストレス発散ができる人、ストレスになる人にて引用

68、Brain-Skin Connection: Stress, Inflammation and Skin Aging

イライラしているとしわが増える?にて引用

肌にとって一番のストレスはUV。もう日傘必須ですね。にて引用

69、Diagnosis and Treatment of Urticaria and Angioedema: A Worldwide Perspective

長い「かゆみ」は生活の質が低くなるけど、自覚がない?にて引用

70、Monkey see, monkey do: contagious itch in nonhuman primates.

人はかいてる動画を見るとかゆくなる。お猿さんはどうなる?それがわかって何?にて引用

71、Chimpanzees Show a Developmental Increase in Susceptibility to Contagious Yawning: A Test of the Effect of Ontogeny and Emotional Closeness on Yawn Contagion

「かゆみ」が移るのは何歳から?それが大人への入り口?にて引用

72、Social context and perceived agency affects empathy for pain: an event-related fMRI investigation.

「かゆみ」相談は本人もだけど、家族が「つらそうで」が付き添いで来ることが40%ほどある。その心を調べてみた。にて引用

73、Behavioral differentiation between itch and pain in mouse

マウスに唐辛子の成分「カプサイシン」を注射をしたら量で「かゆみ」と「痛み」になった。にて引用

74、Effects of acute stressors on itch- and pain-related behaviors in rats

著者:Jessica Marie Spradley, Auva Davoodi, Mirela Iodi Carstens and E. Carstens

いきなりのストレスに痛みとかゆみはどうなるのか?ただ、このストレスはストレスというよりピンチ!!にて引用

75、Generalized and symptom-specific sensitization of chronic itch and pain.

著者:van Laarhoven AI1, Kraaimaat FW, Wilder-Smith OH, van de Kerkhof PC, Cats H, van Riel PL, Evers AW.

答えが予想通り!!と言っている奇妙な論文「かゆみ」で悩んでいる人は「かゆみ」に対して敏感になる。にて引用

76、Physiological Effects of Touching Wood

著者:Harumi Ikei,† Chorong Song,† and Yoshifumi Miyazaki,

【リラックス】木に触ると癒される。でもやり方を間違えると、うわ~~ってなる。にて引用

77、Comparison of Physiological and Psychological Relaxation Using Measurements of Heart Rate Variability, Prefrontal Cortex Activity, and Subjective Indexes after Completing Tasks with and without Foliage Plants

著者:Sin-Ae Park,Chorong Song,Yun-Ah Oh,Yoshifumi Miyazaki,and Ki-Cheol Son

【リラックス環境を考える】観葉植物は心拍を下げる効果あり。ただし、無効にすることもある

78、Scratching Induces Overactivity in Motor-Related Regions and Reward System in Chronic Itch Patients.

著者:Mochizuki H, Papoiu ADP, Nattkemper LA, Lin AC, Kraft RA, Coghill RC, Yosipovitch G.

かゆいところを引っかくのは「ご褒美」でそれがだんだん強くなる。じゃあ、かゆくないところをかいたらどうなる?にて引用

79、The cerebral representation of scratching-induced pleasantness.

著者:Mochizuki H, Tanaka S, Morita T, Wasaka T, Sadato N, Kakigi R.

かゆいところを引っかくのは「ご褒美」でそれがだんだん強くなる。じゃあ、かゆくないところをかいたらどうなる?にて引用

80、The Pleasurability of Scratching an Itch: A Psychophysical and Topographical Assessment

著者:G.A. bin Saif,A.D.P. Papoiu, L. Banari,F. McGlone,S.G. Kwatra, Y.-H. Chan,and G. Yosipovitch

「かゆみ」を感じやすい場所と「かいたら気持ちがいい場所」どこだ~~。にて引用

81、The physiological and psychological relaxing effects of viewing rose flowers in office workers

著者:Harumi Ikei,Misako Komatsu,Chorong Song,Eri Himoro,and Yoshifumi Miyazakicorresponding 

バラをオフィスに置くと森林浴と同じくらいのリラックス効果がある?にて引用

82、Brief relaxation training is not sufficient to alter tolerance to experimental pain in novices(海外論文サイトへ飛びます)

著者:Karen E. Smith, and Greg J. Norman

深呼吸はリラックスの基本だけど、こんな時は効果がない

83、Management of Itch in Atopic Dermatitis

著者:Judith Hong, MD,Joerg Buddenkotte, PhD,Timothy G. Berger, MD,and Martin Steinhoff, MD, PhD

これも原因、あれも原因って論文を発見。結局、人によって原因がことなる。にて引用

84、The Beneficial Effect of Korean Red Ginseng Extract on Atopic Dermatitis Patients: An 8 Weeks Open, Noncomparative Clinical Study

著者:Hyeree Kim, Chun Wook Park, and Sang Hyun Cho

漢方薬の王様高麗人参はアトピーに効果があるのかという論文を発見にて引用

85、Relaxing effect of rose oil on humans.

著者:Hongratanaworakit T

ローズオイルは香りだけじゃなく皮膚への効果もあるにて引用

86、Therapeutic efficacy of rose oil: A comprehensive review of clinical evidence

著者:Safieh Mohebitabar, Mahboobeh Shirazi, Sodabeh Bioos, Roja Rahimi, Farhad Malekshahi,and Fatemeh Nejatbakhsh

ローズオイルは香りだけじゃなく皮膚への効果もあるにて引用

87、Indoor PM2.5 exposure affects skin aging manifestation in a Chinese population(海外論文サイトへ飛びます)

著者:Anan Ding, Yajun Yang,Zhuohui Zhao, Anke Hüls, Andrea Vierkötter, Ziyu Yuan,Jing Cai, Juan Zhang, Wenshan Gao, Jinxi Li, Manfei Zhang, Mary Matsui, Jean Krutmann, Haidong Kan,Tamara Schikowski,corresponding author Li Jin,corresponding author and Sijia Wangcorresponding author

インドア派でも手入れはいる。PM2.5は室内でも暴露する可能性。しわが増えるって。にて引用

88、The effects of music relaxation and muscle relaxation techniques on sleep quality and emotional measures among individuals with posttraumatic stress disorder

著者:Monica Blanaru, Boaz Bloch, Limor Vadas, Zahi Arnon, Naomi Ziv, Ilana Kremer,and Iris Haimov

音楽を聞くのとストレッチはどっちがリラックス効果があるのか?にて引用

89、The effect of music relaxation versus progressive muscular relaxation on insomnia in older people and their relationship to personality traits.

著者:Ziv N, Rotem T, Arnon Z, Haimov I.

音楽を聞くのとストレッチはどっちがリラックス効果があるのか?にて引用

90、Music in Obstetrics: An Intervention Option to Reduce Tension, Pain and Stress

著者:Verena Wulff, Philip Hepp, Tanja Fehm, and Nora K. Schaal

音楽はリラックスと不安の緩和に効果あり。歌うことも効果あり?にて引用

91、Nocturnal Pruritus: The Battle for a Peaceful Night’s Sleep

著者:Michael Joseph Lavery, Carolyn Stull,Michael Owen Kinney, Gil Yosipovitch

夜になると皮膚が乾燥して炎症が起こりやすくなる。でも吸収も良くなるにて引用

92、Time-dependent variations of the skin barrier function in humans: transepidermal water loss, stratum corneum hydration, skin surface pH, and skin temperature.

著者:Yosipovitch G, Xiong GL, Haus E, Sackett-Lundeen L, Ashkenazi I, Maibach HI.

夜になると皮膚が乾燥して炎症が起こりやすくなる。でも吸収も良くなるにて引用

93、Psychoneuroimmunology of Psychological Stress and Atopic Dermatitis: Pathophysiologic and Therapeutic Updates

著者:Andrea L. SUÁREZ,Jamison D. FERAMISCO,John KOO, Martin STEINHOFF

ストレスがたまるとギィーーーってかゆくなるのはどうして?にて引用

94、Preliminary evidence: the stress-reducing effect of listening to water sounds depends on somatic complaints

著者:Myriam Verena Thoma, Ricarda Mewes, Urs M. Nater

体が不調なときにこそわかる「水」の良さにて引用

95、Epidemiology of “fragile skin”: results from a survey of different skin types

著者:Marek Haftek,Christine Coutanceau,Charles Taïeb

敏感肌は世界の女性の3人に1人が悩んでいる。にて引用

96、日本人女性における皮膚状態の長期的変化と地域差、個人差に対する検討

著者:水越興治, 二川朝世, 山川弓香

ガングロから美肌まで、お肌の歴史を振り返る

97、The Clinical Relevance of Maintaining the Functional Integrity of the Stratum Corneum in both Healthy and Disease-affected Skin

著者:James Q. Del Rosso, DO, FAOCD and Jacqueline Levin, DO

角質は古い皮膚ではなく、防御機能と水分保持をしているにて引用

98、Physiological Effects of Touching the Wood of Hinoki Cypress (Chamaecyparis obtusa) with the Soles of the Feet

著者:Harumi Ikei Chorong Song, and Yoshifumi Miyazaki

旅行に行けないからヒノキのお風呂にたまに行ってみるかにて引用

99、わが国における化粧の社会的意味の変化について

著者 石田かおり

化粧の歴史に革命を起こしたのは女子高生だった!!にて引用

100、Survey on skin aging status and related influential factors in Southeast China

著者:Yi-na Wang, Hong Fang, Wei-fang Zhu

よく言われる、お肌の曲がり角ってある?それはいつ?にて引用

101、Environmental and Lifestyle Factors Associated with Perceived Facial Age in Chinese Women

著者:Andrew E. Mayes ,Peter G. Murray, David A. Gunn,Cyrena C. Tomlin, Sharon D. Catt, Yi B. Wen, Li P. Zhou, Hong Q. Wang, Michael Catt, and Stewart P. Granger

若々しく保つにはお肌の手入れと歯磨きにて引用

102、Neuroimmunology of Stress: Skin Takes Center Stage

著者:Petra C. Arck, Andrzej Slominski, Theoharis C. Theoharides, Eva M. J. Peters, and Ralf Paus

ストレスが皮膚に及ぼす影響をたまには難しく説明してみました。にて引用

103、Sleep: A Health Imperative

著者:Faith S. Luyster,Patrick J. Strollo, Jr.,Phyllis C. Zee,and James K. Walsh

寝ないと機嫌だけじゃなく、かゆみも悪くなりますよにて引用

104、Discovering the link between nutrition and skin aging

著者:Silke K. Schagen, Vasiliki A. Zampeli, Evgenia Makrantonaki, and Christos C. Zouboulis  

お肌にいい栄養についての論文をまとめてみたにて引用

105、The value of facial attractiveness for encouraging fruit and vegetable consumption: analyses from a randomized controlled trial

著者:Katherine M. Appleton,corresponding author Alanna J. McGrath, Michelle C. McKinley,Claire R. Draffin, Lesley L. Hamill, Ian S. Young, and Jayne V. Woodside

果物と野菜を4週間食べると顔の魅力は増すのか?にて引用

106、Appealing to Vanity: Could Potential Appearance Improvement Motivate Fruit and Vegetable Consumption?

著者:Ross D. Whitehead, Gozde Ozakinci, D. Stephen, and David I. Perrett,

未来が見えると習慣は変わるけど続けるのは難しいにて引用

107、メイクアップの心理的効果と生体防御機能に及ぼす影響

著者:森地恵理子、広瀬統、中田悟

化粧ができると人が変わる。レスラーはヒールになれるわけだし。にて引用

108、「睡眠負債に気をつけよう」(視点・論点)

引用元:NHK解説委員会

寝れるようにするのが第一歩の理由。睡眠負債について調べてみた。にて引用

109、Penn Medicine Researchers Show How Lost Sleep Leads to Lost Neurons

著者:Yan Zhu、Guanxia Zhan、Polina Fenik、Lori Panossian、Maxime M. Wang、Shayla Reid、David Lai、James G. Davis、 A. Baur

寝れるようにするのが第一歩の理由。睡眠負債について調べてみた。にて引用

110、Overview of Common Sleep Disorders and Intersection with Dermatologic Conditions

著者:Harneet K. Walia, Reena Mehra

睡眠不足はお肌と作業でトラブルを起こすにて引用

111、平成26年版厚生労働白書 ~健康・予防元年~

睡眠不足はお肌と作業でトラブルを起こすにて引用

112、平成 27 年国民健康・栄養調査結果の概要

睡眠不足はお肌と作業でトラブルを起こすにて引用

113、Daily consumption of the collagen supplement Pure Gold Collagen® reduces visible signs of aging

著者:Maryam Borumand, Sara Sibilla

コラーゲンを食べたらお肌に効果があるのか調べてみたにて引用

114、コラーゲン経口摂取が結合組織(骨、皮膚)におよぼす作用

著者:春日井昇平、小山洋一

コラーゲンを食べたらお肌に効果があるのか調べてみたにて引用

115、Lettuce be happy: A longitudinal UK study on the relationship between fruit and vegetable consumption and well-being

著者:Neel Oceana, Peter Howleya, Jonathan Ensorb

野菜や果物を食べる。その行動がストレスを軽減する。にて引用

116、Eczema prevalence in the United States: Data from the 2003 National Survey of Children’s Health

著者:Tatyana E. Shaw,Gabriel P. Currie, Caroline W. Koudelka,Eric L. Simpson

アトピー有病率は大都市で多いのか田舎に多いのか?アメリカのレポートを読んでにて引用

アトピーは食の欧米化で悪化したのなら、欧米の方がアトピーは多い?にて引用

117、Instant noodles, processed food intake, and dietary pattern are associated with atopic dermatitis in an adult population (KNHANES 2009-2011).

著者:Park S, Choi HS, Bae JH.

アトピーは食の欧米化で悪化したのなら、欧米の方がアトピーは多い?にて引用

118、Recent advances in allergic rhinitis

著者:Flavia C. L. Hoyte, Writing – Original Draft Preparation, Writing – Review & Editinga, and Harold S. Nelson, Writing – Original Draft Preparation, Writing – Review & Editing

世界の花粉症事情について調べてみた。にて引用

119、Climate Change and Future Pollen Allergy in Europe

著者:Iain R. Lake, Natalia R. Jones, Maureen Agnew, Clare M. Goodess, Filippo Giorgi, Lynda Hamaoui-Laguel, Mikhail A. Semenov, Fabien Solomon, Jonathan Storkey, Robert Vautard, , Michelle M. Epstein

世界の花粉症事情について調べてみた。にて引用

120、Meteorological conditions, climate change, new emerging factors, and asthma and related allergic disorders. A statement of the World Allergy Organization

著者:Gennaro D’Amato, Stephen T. Holgate, Ruby Pawankar, Dennis K. Ledford, Lorenzo Cecchi, Mona Al-Ahmad, Fatma Al-Enezi, Saleh Al-Muhsen, Ignacio Ansotegui, Carlos E. Baena-Cagnani, David J. Baker, Hasan Bayram, Karl Christian Bergmann, Louis-Philippe Boulet, Jeroen T. M. Buters, Maria D’Amato, Sofia Dorsano, Jeroen Douwes, Sarah Elise Finlay, Donata Garrasi, Maximiliano Gómez, Tari Haahtela, Rabih Halwani, Youssouf Hassani, Basam Mahboub, Guy Marks, Paola Michelozzi, Marcello Montagni, Carlos Nunes, Jay Jae-Won Oh, Todor A. Popov, Jay Portnoy, Erminia Ridolo, Nelson Rosário, Menachem Rottem, Mario Sánchez-Borges, Elopy Sibanda, Juan José Sienra-Monge, Carolina Vitale, and Isabella Annesi-Maesano

オリンピックで大気汚染がわかったにて引用